2021年 発表会

ご挨拶

昨年はコロナのため発表会が中止。スタジオ初の2年ぶりの発表会。今まで体験したことが無い事態に右往左往しながらレッスンを続けて来ました。
昨年2020年3月の緊急事態宣言で休園、休校。スタジオ、サークル活動もストップしました。最初は自分の子どもたちと毎日、毎日、毎日家に居ることなんてなかったなーとのんきに過ごしていましたが、どんどん延長される緊急事態宣言に、校も習い事もお休み、全然外に出られない毎日にこのままでは子どもたちのカラダとココロがおかしくなっちゃう!とLINELIVEレッスンをスタート、その後ZOOMレッスンに切り替わりなんとか休校期間を乗り切りました。
どうにかしなくちゃ!とアワアワしていましたが、「参加できません」と誰一人いなかった事に時代の進化に驚きました。すごい時代だなー。
緊急事態宣言が開けてからの子どもたちのレッスンに対する意識が「私は踊りたい!!」とカラダ全身でぶつけてくる様子に先生たちがみんなのパワーに圧倒されました。その後2020年度はミニ発表会を各レッスン場所ごとに開催しイキイキとした踊りに感無量でした。
2021年こそは舞台で踊れることを希望に、1年間練習を積み重ねてきました。不安な日々がまだまだ続いておりますが皆様の色々なご協力のもと、発表会が開催できることに感謝いたします!
発表会練習、合同稽古を重ねる度にワクワクが止まりません。あーやっと舞台に立てる!衣裳を着て照明を浴びて踊れる!独特の緊張感と高揚感!子どもたちの練習では見られない真剣な眼差しをこの体でその場所で体感できるかと思うと2年分の思いが溢れ出てきそうです。

舞台のパワーは偉大です。非日常であり、積み重ねてきたレッスン(日常)を総大に形にしてくれる空間。全身で感じてみんなで楽しみたいです。
最後になりましたが、スタッフの方々、保護者の皆様のパワーで素敵な発表会を開催できることに、心から感謝しております。

玉内集子